地図データの最近のブログ記事


ArcGISを利用して緯度経度⇔直交座標系の変換をする方法を紹介します。


  1. ArcToolBoxを開きます

  2. 「データ管理ツール」-「投影変換と座標変換」-「フィーチャ」-「投影変換」を選択

  3. 「投影変換(Project)」ダイアログが表示されます

  4. 以下の通り設定し「OK」
    例:緯度経度(世界測地系)→平面直角座標系(世界測地系)を行う場合
     入力データセット、またはフィーチャクラス : 変換したいシェープファイル
     入力データの座標系(オプション) : GCS_JGD_2000
      →入力データセットに空間情報が定義されている場合、自動で表示されます
     出力データセット、またはフィーチャクラス : 変換後のシェープファイル名称とパス
     出力座標系 : JGD_2000_Japan_Zone_?

  5. ArcMapに座標変換されたシェープファイルが追加されます


ちなみに、2点間の距離を求めたりする場合(範囲が狭い場合に限りますが)、
直交座標系でデータを作成しておくと距離を求めやすくなります。

【参考】
平面直角座標系 : http://vldb.gsi.go.jp/sokuchi/datum/tokyodatum.html#p9


動作環境】
 GIS:ArcGIS9.2


国土地理院 基盤地図情報サイト(http://www.gsi.go.jp/kiban/)にて、基盤地図情報の提供が大幅に拡充されました。

縮尺レベル25,000であれば全国のデータの閲覧・ダウンロードが可能です。

提供される項目は以下の通り。
  • 測量の基準点
  • 行政区画の境界線及び代表点
  • 道路縁
  • 軌道の中心線
  • 標高点
  • 標高点(等高線)
  • 海岸線
  • 水涯線
  • 建築物の外周線

データフォーマットはJPGIS2.0形式、または、JPGIS2.0(GML)形式となっていますが、同院の提供するコンバータでシェープファイルに変換可能です。

変換方法はこちら
『国土地理院「基盤地図情報」を使ってみた』

数値地図と比べて鮮度が全然良いので、いろいろと使えそうです。


参考:http://www.gsi.go.jp/WNEW/PRESS-RELEASE/2008/0529.html

2017年1月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

なかのひと

Powered by Movable Type 4.1