ArcGISの最近のブログ記事


ArcGISを利用して緯度経度⇔直交座標系の変換をする方法を紹介します。


  1. ArcToolBoxを開きます

  2. 「データ管理ツール」-「投影変換と座標変換」-「フィーチャ」-「投影変換」を選択

  3. 「投影変換(Project)」ダイアログが表示されます

  4. 以下の通り設定し「OK」
    例:緯度経度(世界測地系)→平面直角座標系(世界測地系)を行う場合
     入力データセット、またはフィーチャクラス : 変換したいシェープファイル
     入力データの座標系(オプション) : GCS_JGD_2000
      →入力データセットに空間情報が定義されている場合、自動で表示されます
     出力データセット、またはフィーチャクラス : 変換後のシェープファイル名称とパス
     出力座標系 : JGD_2000_Japan_Zone_?

  5. ArcMapに座標変換されたシェープファイルが追加されます


ちなみに、2点間の距離を求めたりする場合(範囲が狭い場合に限りますが)、
直交座標系でデータを作成しておくと距離を求めやすくなります。

【参考】
平面直角座標系 : http://vldb.gsi.go.jp/sokuchi/datum/tokyodatum.html#p9


動作環境】
 GIS:ArcGIS9.2

現在JPGIS形式のファイルを直接ArcGISで読み込むことは出来ません。
国土地理院の提供する『基盤地図情報閲覧コンバートソフト』を利用することで、
基盤地図情報をシェープファイルに変換することが出来ます。


1データのダウンロード
 1.基盤地図情報にアクセス
 http://www.gsi.go.jp/kiban/

 2.基盤地図情報の閲覧・ダウンロードをクリック

 3.基盤地図情報のダウンロード

 4.ファイル形式からJPGIS形式をクリック

 5.神奈川県-川崎市-川崎区の全ての情報にチェックを入れ[選択して次へ]

 6.FG-JPS-14131-ALL-Z001.zip及びFG-JPS-14131-ALL-Z002.zipをダウンロード


2データの変換
 1.http://fgd.gsi.go.jp/download/より『基盤地図情報閲覧コンバートソフト』をダウンロード

 2.解凍後[FGDV.exe]を起動

 3.[ファイル]-[開く]から1でダウンロードしたZIPファイルを選択
 ※[ファイルの種類]では基盤地図情報圧縮ファイル(*.zip)を選択します。

 4.地図が表示されたら、[コンバート]-[シェープファイルに変換]でシェープファイルに変換
 ※詳しい操作は同梱の『基盤地図情報ビューアー・コンバーター説明書』を見てください。

 5.後はArcGISでご自由に・・・


ArcGISでGeographyNetworkJapanのデータを利用する方法を紹介します。


geographynetwork Japan
http://www.geographynetwork.ne.jp/


1.ArcCatalogを起動する

2.[GISサーバ]-[ArcIMSサーバを追加]をクリック
    既に[www.geographynetwork.ne.jp]が追加されている場合は2,3は飛ばしてOKです。

3.[サーバのURL]に「http://www.geographynetwork.ne.jp/」と入力し[OK]

4.[GISサーバ]-[www.geographynetwork.ne.jp]をクリック

5.好きなデータをArcMapに追加する


basemapはやや古いですが、無償で利用できる背景地図としてはかなり使えます。
また、世界測地系と日本測地系版の2種類用意されているので、用途に合わせて使い分けられるのが便利です。

座標系が違うデータをArcGISで取り扱う場合、自動的に座標変換して表示してくれますが、測地系が違うデータは、ESRIジャパンの提供する測地成果2000対応ツールでの変換が必要になります。
「測地成果2000対応ツール」を利用した変換方法です。

2008/5/19現在の最新版:
 測地成果2000対応ツール ArcTKY2JGD Ver.4.5 for ArcGIS



1測地成果2000対応ツールのインストール

 1.以下のアドレスよりダウンロード
 http://www.esrij.com/support/arcgis_desktop/downloads/arcjgd.jsp(要パスワード)

 2.arctky2jgd45_9.zipを解凍後、setup.exeを実行

 3.セットアップウィザードに従ってセットアップ


2測地成果2000対応ツールの設定
 1.ArcCatalogを起動

 2.ツールバーの何も無いところをを右クリックして[カスタマイズ]をクリック

 3.[カスタマイズ]ダイアログを表示されるので、[コマンド]タブをクリック

 4.カテゴリの中から[Jpan Utilities]を選択

 5.ArcJGD2TKY及びArcTKY2JGDをドラッグしてツールバーに追加する

 6.追加した「ArcJGD2TKY」又は「ArcTKY2JGD」ボタンをクリック

 7.[パラメータの読み込み]ダイアログが表示されるので、以下の通りに設定し読み込みをクリック
  ・地理院提供のパラメータファイルを読み込むにチェック
  ・読み込みファイル:[インストールディレクトリ(普通はc:\ProgramFiles\ArcGIS\ESRIJapan\ArcTKY2JGD)]\TKY2JGD.parを指定
  ・次回から自動的にこのファイルを読み込むにチェック


3測地成果2000対応ツールを使う
 1.ツールバーに追加した「ArcTKY2JGD」ボタンをクリック

 2.[モード切り替え]ボタンをクリック
 デフォルトでは[ジオデータベース変換]モードになっているので、Shapeファイルを変換する際は[シェープファイル変換]モードにしてください。

 3.入力シェープファイルと出力シェープファイルを選択して[変換]
先ほどテーブル結合に関する記事を書いたので、ArcGISでテーブル結合する際の注意点をメモ


  • 1行目にはフィールド名称が必要

  • フィールド名の最初の文字に数値は使えない

  • フィールド名にハイフン(-),スラッシュ(/)等は使えない

  • 数値フィールドに数値以外の文字を含めない

  • 結合キーのデータ型は統一する


とりあえず、今日はここまで。
また、気がついたら書きます。

「統計GISプラザ」が平成20年3月31日をもって運用を終了し、独立行政法人統計センターが運用管理を行う「政府統計の総合窓口(e-Stat)」内の「地図で見る統計(統計GIS)」に移行したようです。

そのe-Statで公開されている国勢調査のデータをArcGISで使ってみます。
大まかな作業の流れは以下の通りです。

 1.統計データと図形データをダウンロード
 2.統計データの下処理
 3.ArcGISで統計データと図形データをテーブル結合


1.データのダウンロード
 1.「地図で見る統計(統計GIS)」にアクセス

 2.「データダウンロード」を選択

 3.「Step1:統計調査(集計)を選択」から「平成17年度国勢調査(小地域)」を選択

 4.「Step2:統計表を選択」の「男女別人口総数及び世帯総数」にチェックを入れ次へ

 5.「Step3:地域選択」で茨城県つくば市を選択し検索

 6.「Step4:データダウンロード」の「◆統計データ」から「男女別人口総数及び世帯総数 つくば市」をダウンロード

 7.「◆境界データ」から「世界測地系平面直角座標系・Shape形式 つくば市」をダウンロード

    8.ダウンロードしたデータを解凍


2.統計データの下処理
ダウンロードした統計データは、ArcGISで読み込んだ際に、結合キーとなる「KEY_CODE」が数値として認識されてしまうので、そのままではShapeファイルと結合できません。
ノートパッド等テキストエディタで多少の加工を加えます。

 1.ノートパッドでダウンロードした統計データ(tblT000050C08220.txt)を開きます。

 2.KEY_CODEフィールドの値、全てをダブルコーテーションで囲みます。

KEY_CODE,HYOSYO,HTKSYU,CITYNAME,NAME,T000050001,T000050002,T000050003,T000050004
,,,,,人口総数 ,男 ,女,世帯総数
"08220",1,,つくば市,,200528,103110,97418,78521
"082200010",2,,つくば市,谷田部,7276,3593,3683,2547
"08220001000",3,,つくば市,谷田部,6178,3059,3119,2170
"08220001001",3,,つくば市,谷田部字瑞穂,1098,534,564,377


3.ArcGISで統計データと図形データをテーブル結合

tabale  1.ArcMapを開いて、図形データ(Shapeファイル)を読み込みます。

 2.テーブルオブコンテンツの追加したShapeファイルを右クリック

 3.「テーブル結合とリレート」-「テーブル結合」をクリック

 4.右図のように選択しOK

 5.属性テーブルを開いてデータが結合されていることを確認

 6.後は自由に地図を作ってください






ちなみにH17年とH12年の人口密度を地図にするとこんな感じです。
tsukuba_pop.png

2017年1月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

なかのひと

Powered by Movable Type 4.1