2008年6月アーカイブ


先日、Google Earthがブラウザで利用可能になったことをお伝えしましたが、
弊社のホームページの会社案内ページの本社所在地の地図を,
Google Earth APIを利用してGoogle Earth風に表示できるようにしました。

超次元空間情報技術株式会社 会社案内



既にGoogle Maps APIを使って地図を表示してたので、
addControlの部分を全てコメントアウトして、
以下の3行をを追加しただけで出来ました。

map.addMapType(G_SATELLITE_3D_MAP);
map.addControl(new GHierarchicalMapTypeControl());
map.addControl(new GLargeMapControl());

GOverviewMapControl()を有効にしたままだと、
これまで通りGoogleMapで表示した場合は問題ありませんが、
GoogleEarthで表示する際に、地図画面が2つ表示されてしまい、うまく表示できませんでした。


動作テスト環境
 ブラウザ:FireFox2,IE6
 OS:WindowsXP


Google Earthがブラウザで見れるようになったそうなので、早速使ってみました。
使ってみたといっても開発ではなく、閲覧だけです。あしからず。


  1. Google Earth API(http://code.google.com/apis/earth/)にアクセス。

  2. 画面中央の「Google Earthプラグインをダウンロード」をクリック。

  3. 「GoogleEarthPluginSetup_en.exe」をダウンロードして実行。

  4. インストールが終わると、ブラウザを再起動しろとのメッセージが出るので再起動する。
    (「Restart Brouser Now」をクリック)

  5. 再度、Google Earth API(http://code.google.com/apis/earth/)にアクセス。

  6. Loading...から進まなくても、しばし待たれよ。

  7. おぉっ!まさにGoogleEarth!

ge_fuji.jpg動作テスト環境
 ブラウザ:FireFox
 OS:WindowsXP


参照:http://googlejapan.blogspot.com/2008/06/google-earth-web.html

国土地理院 基盤地図情報サイト(http://www.gsi.go.jp/kiban/)にて、基盤地図情報の提供が大幅に拡充されました。

縮尺レベル25,000であれば全国のデータの閲覧・ダウンロードが可能です。

提供される項目は以下の通り。
  • 測量の基準点
  • 行政区画の境界線及び代表点
  • 道路縁
  • 軌道の中心線
  • 標高点
  • 標高点(等高線)
  • 海岸線
  • 水涯線
  • 建築物の外周線

データフォーマットはJPGIS2.0形式、または、JPGIS2.0(GML)形式となっていますが、同院の提供するコンバータでシェープファイルに変換可能です。

変換方法はこちら
『国土地理院「基盤地図情報」を使ってみた』

数値地図と比べて鮮度が全然良いので、いろいろと使えそうです。


参考:http://www.gsi.go.jp/WNEW/PRESS-RELEASE/2008/0529.html

2017年1月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

なかのひと

Powered by Movable Type 4.1